行政財産における自動販売機設置について(2)


HOME

平成27年決算特別委員会、平成27年第4回定例会、平成28年第4回定例会、数えることの3回、歳入確保の観点から、区有施設への自動販売機設置の際の入札制度導入を取り上げてきました。

「少子高齢化がますます進む現代社会においては、国に頼るのではなく、各自治体が切磋琢磨し、歳入確保策を講ずることは、住民に対する行政の義務である」 この趣旨に則った提案です。

最初の「平成27年決算特別委員会」では、「自動販売機が設置されていない未活用の新設公園施設等で入札を試行してもよいのではないか」という旨の提案をしていました。

それから、1年半後の「平成29年予算特別委員会」において、4月8日(土)開園の「下高井戸おおぞら公園」に設置する自動販売機については、入札を導入することがわかりました。

大変喜ばしいことです。
ご尽力された、職員のみなさま、ありがとうございます。

ぜひ、区有施設の有効活用については、
引き続き、この流れを、推し進めていただきたいと思います。

下高井戸おおぞら公園

HOME